カードローンを借りたい!どんな審査があるの?

審査担当者と対面して人柄をチェックされることはない

お金を借りるためにカードローンへ申し込むと、必ず審査が行われます。基本的に審査は契約時のみ行われ、一度、審査に通ってカードが発行されれば、そのあと、カードで何回借り入れを行っても審査を受ける必要はありません。
では、具体的にどのような審査が行われるのでしょうか。貸金業者の審査担当者との対面審査を想像する人もいるかもしれませんが、カードローンでは、必ず、直接会って人柄をチェックされるということはありません。顔を合わさずとも、希望者が提出したデータを元に審査が行われるのです。
客が提出するデータとは、どこに住んでいて、どんな会社に何年勤めてといったプロフィールです。ほかに借金の有無なども申告しなければなりません。

プロフィールを点数化されて信用情報をチェックされる

カードローン会社は客から提出されたデータを点数にしていきます。たとえば公務員であれば得点は高く、フリーターであれば低い得点になります。職業に限らず、勤続年数、職種など、あらゆるデータが点数化され、最終的に一定の得点をクリアした人に融資を行うのです。あくまでも総合点で融資の可否が決められるので、ほかの貸金業者から借り入れをしていないという部分で高得点を得た人であっても、引っ越して間もない、フリーターである、年収は120万円程度など、そのほかのデータの点数が低ければ審査に通ることはありません。
また、社内のデータベースや信用情報会社のデータベースをチェックされて、過去に金融事故、つまり借金の踏み倒しや自己破産などをしていないかということも確認されます。

© Copyright Credit Card Offers. All Rights Reserved.