カードローンは金利が高い?

消費者金融の金利は法定金利ギリギリ

カードローンの金利は、目的別ローンよりも高く設定されています。背景として、カードローンはいつでも好きな時に好きな金額を専用キャッシングカードにより借入可能であって、返済も随時返済が併用できる分だけ自由度が高いです。借りすぎによる返済不能に陥るリスクが一定割合発生するので、目的別ローンよりも計画性が少ない利用が増えることを考慮して金利を高めに設定しています。消費者金融のカードローンでは、更に審査基準をあまり厳しくせずに柔軟な審査を心掛ける会社が多いので、結果的に利息制限法で定められた上限金利ギリギリの金利設定としなければ貸し倒れリスクに備えられないわけです。審査の柔軟さと利便性を追い求めた結果、金利は高めとなってしまいます。

銀行カードローンならば低金利融資が受けられる

銀行カードローンは、消費者金融と同様に利用限度額の範囲内でいつでも借入と返済が可能です。しかし、消費者金融よりも遥かに低金利で融資が行われていることを不思議に思う人もいるでしょう。銀行カードローンが低金利融資出来る理由として、保証会社の存在があります。銀行カードローンを利用するためには、保証会社による審査に通過して、保証会社との保証契約を結べた場合のみカードローン契約が出来るという規定となっています。銀行にとっては、利用者が返済不能に陥った時に保証会社に対して代位弁済請求を行えば、貸付金額を全額回収出来るのでリスクがありません。銀行カードローンが低金利融資を行える理由には、銀行自体が損をしない仕組みが採用されている点が挙げられます。

© Copyright Credit Card Offers. All Rights Reserved.